美容方法を見直して効率スキンケア

なんとなくの知識で非効率な美容法してませんか?スキンケアの方法を見直してムダを省いて効率よく取り組みましょう!
MENU

実はお肌に負担になっているクレンジング方法

正しい使い方は?

クレンジングは洗顔前に「汚れを落としやすくするためメイク等の油をふくんだ汚れを素肌から浮きあがらせる」というのが本来の意味。

 

だから、クレンジングのみでお肌の汚れが落ちる!というのは間違いです。

 

 

クレンジングで浮かせ、洗顔できちんと落とす、というのがセオリー。

 

だから「クレンジングしながらマッサージ」も大間違いです。

 

クレンジング剤の本質

 

クレンジング剤はただの油分ではなく、界面活性剤をふくんでいます。

 

そんな成分を長い時間肌に刷り込んでしまっては、必要な潤いまで全部奪ってしまいます。

 

なるべく負担をかけないのはミルクタイプのクレンジングで優しく浮かせる事です。

 

 

オイルはポイントメイク用に使い分けて、メイクにあわせて適材適所にするのがベスト。

 

 

拭き取りタイプのクレンジング剤も手軽で便利ですが、

 

「肌をこする」という形になってしまうのが最大のNG。

 

 

メイク汚れを落とそうとしてゴシゴシこする、そんな毎日を繰り返していると、色素沈着によるくすみが出てしまいます。

 

 

また、ふき取りタイプでは毛穴に詰まったメイクや油汚れを浮かせる作用が中途半端になってしまいます。

 

面倒でも、ポイントメイクはオイルで浮かせ、その他はミルクタイプ、それからきっちり洗顔をする事が、その後の化粧水・美容液・クリームの効果にも繋がるのです。

 

 

今、大人気クレンジング剤でオススメなのはこちら

このページの先頭へ